最終出社日を宣告した金曜日

5月中旬、所属長や会社に退職したい旨を告げていたものの、じゃあいつ辞めるのかは言えないままでいた。なのでなんとなく、多くの人に言えないままだった。聞かれたら答える、くらいでなんとなく申し訳ない感じだった。

なんでかというと、やっぱり土地が決まっていなかったから。もし十分な広さが確保できなかったら、「かつての公園」じゃないところで妥協せざるを得ないのなら、越冬して勇気ある撤退も考えないとあかんかな、思ってたので。

でも土地のメドはたった。後は前に進むだけ。ということで昨日から就業規則を熟読し、今日、9月7日を最終出社日として、10月17日付で退職することを伝えてきた。少し緊張したけど、思ったほどではなく。「撤回してもいいぞ」と幹部に言われていたものの、迷うところは一切ないし、別に何言われても構わないから、少し肝っ玉がすわったかも(笑)

会社側に「今週中には言いますから」というのを3回延長してもらってたので、ようやくという感じだけども。大きな異動が絡む時期なので、ご面倒をおかけました・・・

住宅(管理棟)の打ち合わせは来週から本格化する。完成まで3ヶ月以上はかかるし、順調に進むかどうかも分からない。どうせ分からないなら、ということで、10月中旬からは、旭川市・永山地区のアパートに仮住まいすることにした。移住体験住宅よりも家賃安いし、地元を知るのが大事だし。

さぁ、ケツが決まった。記者業のほうでは悔いのないようにやることをやっていこう。移住&ゲストハウスづくりのほうは、引き算してスケジュールをしっかりこなしてこ。

 

2 Replies to “最終出社日を宣告した金曜日”

  1. 自分が別の新聞社やめたときのことを思い出しながら読みました。ぼくは結局新聞業界に戻っちゃいましたが…。成功を祈ってます

    1. 昨日はありがとうございました! 転職というのは大変なことですよね・・・。会社には感謝しかありません。九州から静岡と同じくらい(もっと?)の距離を飛び越えて、北海道にまいります。ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA